自宅で遊ぶときの影響

デリヘルのデメリットをまとめました。「自宅で遊ぶときの影響」についてのページです。

デリヘルの良いところをまとめた サイトマップ

デリヘル

自宅で遊ぶときの影響

デリヘルは自宅で遊ぶこともできる。そこに楽しさを覚える人も多いだろう。デリヘル嬢が自分の家を訪ねてくるのはかなり親近感を覚えるもので、風俗店での緊張感が苦手という人には向いているかも知れない。

そこで気をつけたいのが自宅に呼ぶ際のデメリットである。

第一に、実家住まいや寮住まいなど自宅に女性が来るということ自体ムリな場合はデリヘルの利用はできない。更に、浴室がないと断られるケースもある。風俗では体を洗ってからのプレイが基本なので、そこは注意しておこう。来たあとにそれらが発覚すると面倒になるのでここは重要だ。デリヘル嬢が訪ねてくるのを近隣の人にあまり見られたくないという場合も、それなりの注意が必要となる。

デリヘル嬢を招く条件を満たしている家でも、次のステップとして部屋の環境という問題がある。最低限横になれるスペースがあればプレイは可能だが、問題は印象がどうか。デリヘル嬢はスタッフであり、そして人間でもある。さすがに誇りやゴミの散乱した部屋には不快感が芽生えるだろうし、カビの生えた浴室やシーツではプレイするにも抵抗を覚えるのではないか。人間として最低限の掃除や清潔感はキープしていたい。特に女性は敏感である。更に部屋が汚いと、その部屋に住んでいる主への印象もそうなってしまうのでなおさら注意。

さて、それらが整ったところでいよいよプレイに入るとき。気にしておきたいのは「音」だ。デリヘル嬢との熱いプレイに熱中するあまり、お互いが出す声や音が隣に漏れているかもしれない。普段の生活音がどれくらい近隣に漏れているか本人にはなかなか分からないものだが、日頃から隣の部屋の生活音などが聞こえてくる建物の場合は、気を付けておいた方がいいだろう。

デリヘル

デリヘル